今の家に引っ越しした時に契約した時にインターネット回線をSoftbank光で契約していたのですが2年経ち、契約更新のハガキが来ました。5月中に解約しない場合は新たに2年間の自動更新となり、更新月以外に解約する場合は解約金が必要とのこと。
※Softbankより契約解除料が間違っていたとメールが来たので正しい金額に書き直しています。

そこで改めて契約内容を見直した結果、回線を別の事業者に乗り換えることにしました。まあ最初から乗り換えようとは思っていたんですけどね。というのは、携帯料金の時に継続よりも乗り換えた方が大幅にお得になることを学んでいたからです。

インターネット料金の仕組み

インターネット契約時のキャッシュバックに釣られ・・・

そもそもSoftbank光を契約したのは今の家に引っ越して家電を一式揃えようと家電量販店に行った時に、営業を受けたのがきっかけです。インターネット回線の契約をすると家電料金を割り引くという話しでした。契約するとは言ってないのに勝手にするような流れになっていたので一旦お断りしたのですが、気に入らなかったら工事前に解約してくれていいから、今回の割引のためにも一旦契約して!と必死にゴリ押しされました。のちによく確認したら確かに割引額が多かったのでそのまま契約を続けていました。

ネット料金は実質月額または総額で計算

料金を見ると月々5813円で決して安くありません。
契約時の書類を見ると、光回線を引く工事が必要だったため、この工事費が24分割で毎月上乗せされていました。
ですがキャッシュバックは40000円ぐらいあったと記憶しています。ネット回線の事業者はこのように高額なキャッシュバックで利用者の獲得を狙っています。

つまりネット料金はキャッシュバック込みで考えなければいけません。
私の場合、2年契約だったので2年間の総額を大雑把に計算すれば
5,813円×24ヶ月-40,000円=99,512円
これを24で割ると実質の月額は4,146円ですね。

一見月額が安くてもキャッシュバックが少なかったり、逆に高く見えてもキャッシュバックが多いケースもあるかもしれません。このように複雑な仕組みになっていますので実質月額で考えるのがいいと思います。

インターネット料金の複雑な仕組み

インターネット料金はなぜ乗り換えた方が安くなるのか?

ここからが本題なのですが、回線を継続すれば当然ですがそのままの料金で再び2年縛りとなります。しかし他社に乗り換えれば再び高額なキャッシュバックを受けられるので乗り換え一択だと思います。

回線事業者はキャッシュバックありきで料金を設定しています。継続するメリットがないなら乗り換えるべきです。今まで自社を長く利用してきた顧客よりも新規客の方がお得になるシステムなら私たちはそれに乗っかるまでです。

インターネットの契約満了ごとに乗り換えるのが得策

私のケースですが、今スマホを楽天モバイルで契約していると、月額料金が1年間無料になるというキャンペーンをやっているので楽天ひかりが候補に上がりました。

楽天ひかりは3年契約ですので3年間の総額で比較してみます。

[Softbank光を継続した場合]

工事費を払い終わると月額4730円(ユニバーサルサービス料は除く)

[楽天ひかりに乗り換える場合]

月額は1年間無料になりますが、Softbak光の解約時の手数料(3300円)、楽天ひかりの登録料(1800円)、新たにルーターを用意することが必要らしく楽天ひかりで対応とされているバッファローの製品(2780円)の合計で7,880円

月額 1年目 2年目 3年目 合計
今のまま継続 56,760円
(4730円×12)
56,760円
(同)
56,760円
(同)
170,280円
実質月額4,730円
楽天ひかり
乗り換え
7,880円
(乗り換えに
かかる費用概算)
50,160円
(4180円×12)
50,160円
(同)
108,200円
実質月額3,005円

計算結果は3年間で62,000円もの差が出ました!
インターネット代は絶対必要なのであまり意識せずに払っていましたが、3年となるとかなり大きな差となることがわかりました。

別に私は楽天の回し者ではありませんよ。
3年後も乗り換えた方が得になる状況ならまた他社に乗り換えると思います。

私たちの家計を節約するのに効果的なのは固定費を削減することです。固定費の削減は確かにとてもめんどくさいです。しかし一度変えてしまえば何も考えなくても毎月節約効果が得られるからです。

まとめ

  • インターネット事業者は顧客獲得のため、高額なキャッシュバックを用意していることが多い
  • インターネット料金はキャッシュバックありきで設定されている
  • 継続するより乗り換えてキャッシュバックを再びもらった方が得策