2020年7月より全ての小売業でレジ袋が有料化されます。

ここ数年でスーパーではレジ袋を有料とする店が主流となってきており、お客さんもエコバッグを持っていくのが当たり前となってきました。これは地球環境のためです。私もけっこうエコ志向ですので用事がなくても常にエコバッグを携帯しています。まあ金額の大小に関わらず、不要なお金は払いたくないというのもありますけどね。
現時点ではスーパー以外での店ではほとんどレジ袋は無料でもらえますが、今年の7月からはその全てが有料化されるというのでお出かけの際はご注意ください。

ニュースの概要

レジ袋有料義務化の対象は「全ての事業者」!

経済産業省HPによると2019年5月に政府はプラスチック資源の排出削減のため、消費者のライフスタイルの変革を促すため、レジ袋有料を義務化することとしました。と記載されています。

ただし有料義務化は「プラスチック製買物袋」であって紙袋や布製の袋などは有料対象外です。

今まで無料で配っていたものでお金を取り始めるなんて環境が大事とか言いながら結局儲けたいじゃないか!と思われるかもしれません。しかしこれは政府が決めたことでレジ袋有料化は決まってしまったことなので義務として従うしかないのです。

冷静に考えてみればコンビニなどの便利さで売っていた業種では「今日はエコバッグ持ってないから寄るのやめとこ」と思われてたった数円のために来店を控えられては打撃の方が大きいはずです。なのでコンビニ業界はこの政策に大反対していました。
私はできるだけコンビニで買い物をしないことを推奨しています。しかしちょっと足りないものがあった時にいつでも近くにあって買えるのがコンビニの価値なのでその利便性を否定はしません。手ぶらでフラッと寄れる気軽さが失われるのは業界にダメージになりそうですね。

レジ袋の使用が地球環境にどんな影響を及ぼすのか

アメリカやヨーロッパでは2年ほど前からプラスチックのゴミによる海洋汚染が深刻になっているとして、プラスチック製品の使用を廃止する動きが活発化しています。

代表的なものはプラスチックストローでスターバックスでは2020年までに全ての店舗でプラスチックストローを廃止、アメリカのマクドナルドも紙製のストローで代用すると発表しました。

当時プラスチックストローばかりが槍玉に挙げられているので私は少し違和感を覚えたのですが、調べてみるとプラスチック容器などのある程度大きなものはリサイクルが進んでいるが、小さなものはリサイクルしづらく、結果として海に流出しているそうなのです。そのプラスチックは分解しきれずに海に残り続けることになり、それを食べた魚にも悪影響を及ぼしています。
このままだと2050年には海がプラスチックだらけになるという分析が出ており、対策を急いでいるというわけです。

今回その流れで日本でもレジ袋を有料化することにより、プラスチックゴミの排出量を抑制しようとなりました。理由はよくわかりましたが、業種ごとに事情があるわけですし全業種で義務化するのは少し強引な気もしますね。

今のうちにマイエコバッグを準備しておこう

決まってしまったものは仕方ありません。
外出中に急に買物する必要がでるかもしれないので、これからは買物の用事がなくてもエコバッグを携帯するようにしましょう。慣れればそれほど苦にもならなくなります。

私の場合、カバンにエコバッグを常備していると言いましたが、それでも出したまましまい忘れてしまうこともあります。またカバンを持たずに身軽で外出したい時もあります。
ですのでサコッシュ(財布だけ入れる小さなバッグ)に緊急用レジ袋を細かく畳んで忍ばせてあります。

また、お気に入りのエコバッグを見つければ、携帯するのも楽しくなると思いますよ。

◆ つじんぬの見解

スーパーではどんな料理を作るのか考えてから買い物に行くことが多いです。つまり今日は「スーパーに行こう」と目的を持っていく人が多かったため、エコバッグを持ってスーパーに行くことが一般化しました。

ですが、他の業種でも同じように定着するかというのはわかりません。コンビニではレジ前で袋のことで揉めそうですね。いっそのこと紙袋にしてくれたらいいのに。

私のように普段からエコを意識している人間からすれば、現代人の生活ではあらゆるものにプラスチックが使われているのに、他のプラスチック製品はそのままでいいのかと思うところもあります。
細かなプラスチック製品でもリサイクルを徹底する方向に慣ればいいんですが。