本記事は『ふるさと納税パーフェクトガイド』の続きです。
未読の方は前回の記事も参照してもらえればと思います。

ふるさと納税パーフェクトガイド 〜制度編〜

ふるさと納税は申し込み方法で差がつく!

さて、それではふるさと納税申し込みしましょう!と言いたいところですがちょっと待って!申し込み方法がいくつかあって、この申し込み方法や時期によってお得度に差がつくことはご存知でしょうか?

  1. 各自治体のHPより申し込み
  2. ふるさと納税ポータルサイトより申し込み
  3. 楽天ふるさと納税

などがあります。今回は普通に寄付するよりもさらにお得になる、一歩上の活用法を解説していきます。

ふるさと納税ポータルサイトより申込みがおすすめ

ふるさと納税が話題になるにつれ、情報をまとめたポータルサイトが次々とオープンしています。アカウント登録することでいろいろと便利な機能を利用できるからです。最近増えてきてたくさんあるのでご自身で使いやすいサイトを選んでもらえばいいのですが、ブームのせいで詐欺サイトも出現しているというニュースもありますのでメジャーどころを使った方が良いかもしれません。

ふるさとチョイス
ふるさとチョイス

さとふる
さとふる

1.申し込み履歴の管理

情報がまとめてあるだけでなく、そのまま寄付も可能!寄付日や金額が履歴に残るのでいつでも見返すことができます。

2.気になる返礼品をブックマーク(保存)して検討できる。

ショッピングサイトによくある機能ですね。気になる返礼品をとりあえずブックマークしておいて後でじっくり検討できます。

3.キャンペーン時ならさらにお得な条件で申込みできる

『○○円以上の寄付申込をすると抽選で景品が当選』や『寄付○○円ごとにAmazonギフト券をプレゼント』等のキャンペーンが行われることがあります。これが見逃せないポイントで私もキャンペーン時を待ち構えて寄付しています。

〈10,000円の寄付ごとにAmazon券500円というキャンペーンで40,000円寄付した場合〉
負担額2000円→ギフト券2,000円ゲットで実質負担額は0円!返礼品がなんと実質無料に!!

寄付上限がもう少し低くても実質負担がかなり軽減されますね。
※寄付金(ふるさと納税)には税金が控除される上限があります。

楽天ふるさと納税の最強利用法

楽天ふるさと納税
楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税も使いどころによってはかなりお得です!

1.楽天スーパーポイントが使える、貯まる

楽天市場を普段使っている人なら、期間限定ポイントが消滅してしまう前に何か買わないともったいないと無理に買う物を探す経験をしたことがあるはず。
ちなみに私もあります(笑)
使えるんです!ふるさと納税で!

ちなみに私が今年楽天でしたふるさと納税のスクリーンショットはこちら↓

楽天ふるさと納税でポイント利用

ポイントが買い物と同じように使用できているのがわかる思います。
さらに普通にポイントも貯まるので10,000円で100pt返ってきます!

2.スーパーセールやお買い物マラソンの買い回り対象になる

上記のような楽天のセールイベント中なら1店舗購入ごとにポイントの倍率が上がっていく買い回りの対象になるので他の買い物と一緒にすることでポイントが増えます。

ということは…2つの自治体に寄付すればポイントが2倍、3つなら3倍となります!

いかがでしたでしょうか。もともとお得だと言われているふるさと納税ですが、このようなキャンペーンを利用すれば実質負担額を軽減でき、さらにやらない理由がなくなりますね。当サイトでは新たなキャンペーン情報もお知らせしていきたいと思いますのでチェックしてくださいね。